So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

リクの死 [猫]

ダヤンは17日午後6時10分に昏睡状態のまま

静かに永遠の眠りにつきました。

そのとき、まだ黒猫のリクは血を吐きながらも

生きようと必死で戦っていました。


ダヤンの死から6時間後、18日の零時30分、リクから少し

目を離していたのですが、保護猫のカイが突然リクのいる方を見て

飛んでいきました。そして少しして戻ってくると私を見つめます。

もしやと思ってリクの下に行くと、息絶えていました。

カイが看取ってくれたのですが、私は間に合いませんでした。

リクを湯あみさせてあげようと抱き上げるとまだ温かくて

まるで生きているようです。とても穏やかな顔をしていましたが

その口からは血がまだ流れていました。


口をきれいに拭いてから湯で全身を拭いて、ダヤンの隣に

寝かせました。大好きだったネズミの玩具とおやつやご飯を

二人に持たせて。

朝になって斎場に電話し、もう一人火葬してほしいとお願いしました。

きっとお兄さんのダヤンが先に行って、妹のリクが迷子にならないように

導いてくれたのでしょう。


火葬して説明を受けると、ダヤンはやはり腎臓が、そしてリクは

内臓全体がやられていました。

即効性の毒ではなく、遅効性の毒で徐々に弱らせて殺されたのです。

ダヤンにリク、相次いで天国に行ってしまいました。

今、二人は私の部屋で小さな骨壺に入っています。

仲良く並んでもう苦しむことも無く、平和な時間を過ごしていることでしょう。


今日、警察に被害届を出してきました。

二人の警察官が真剣に話を聞いてくれ、一年半前に猫を殺すという

脅迫文を入れられたときの調書も調べてくれて、今後毎日警らしてくれる

ことになりました。また少しでも不審者が入ればすぐに駆け付けますと

言ってくれました。


帰宅してからダヤンの記録を調べていると、ダヤンが亡くなった17日は

ダヤンの3歳の誕生日でした。

ちょうど3歳になったときに理不尽に殺されたのです。

毎朝の掃除に出かける私を見送り、戻ってくるときには

途中まで迎えに来てくれ、私にいろんなおしゃべりをしながら

一緒に帰ってくるとても賢い優しい子でした。


リクは食いしん坊でいつもカイのご飯を食べたそうに

ベランダから窓越しに眺めていました。

母親のアメのご飯まで食べてしまいますが

憎めないとっても可愛い声で鳴く優しい女の子でもありました。


今、私は吐血してしまいました。

神経が参ってしまっているのでしょう。

でもまだ残された子達がいます。

それだけでなんとしても守ってやらないと。


猫達の死 [猫]

私は桜の季節が大嫌いです。

それは私の家の前は見事な桜並木のため、大勢の観光客が

来るのですが、知らない人達が猫に餌をやろうとしたり

かってに門を開けて入ってこようとするからです。


ダヤンが具合が悪いことは先のブログで書かせていただきました。

その後、ベランダで暮らす黒猫のリクも具合が悪くなり

ご飯を食べたり水を飲んだりしなくなりました。


ダヤンは動物病院に連れて行くと、急性腎不全とのことでした。

そして今日の夕方、ダヤンは眠るように虹の橋を渡っていきました。

リクも血を吐いてまもなくダヤンの後を追いかけていきます。


原因は人に毒を食べさせられたからです。

監視カメラや、近所や児童公園の毎日の掃除など

猫達に危害が加えられないように守っているつもりでした。

でも結果として、私は猫達を守ってやれませんでした。

今、ダヤンは静かに花や大好きなねずみの玩具と一緒に

眠っています。その眠りは覚めることはありません。


私の心の中は怒りが爆発しそうです。

猫達が何をしたというのでしょう。

とても大人しい子達でした、そして近所でも悪さをすることは

ありませんでしたし、トイレも私が片づけていました。

あるいは道路を渡って川原でしていました。

それを毒餌をまいで殺すなんて。


リクはまだ今も血を吐きながら戦っていますが

もうほとんど泣くことも動くことも出来ません。

ダヤンは明日火葬してもらいます。

いつも家を守り、私が児童公園の掃除から帰ってくるのを

出迎えてくれ、一緒に帰りながらいろんなお話を聞かせてくれる

とても頭の良い優しい子でした。

それを毒殺するなんて。絶対に許せません。

同じ目に遭わせてやりたいです。

今の私は理性を失っているかもしれません。



心配なこと [猫]

例年よりも遅くに咲いたソメイヨシノが、あっという間に

散っていき、アスファルトの黒さを桜色に染め上げていきます。

大勢の人が桜を愛でに来られ、庭で暮らす猫達を見つけると

写真撮影したりされますが、心無い人は無断で門を開けて

入ってこられるので、監視カメラにそんな横暴な人が映ると

すぐに飛び出して行って注意しています。


それでも門の隙間から餌をあげようとする人もいたりして

困っています。

早く桜の季節が終わると良いのですが。

そんな中で、家の守り猫をしてくれているダヤンが

突然体調を崩してしまい、昨日からじっと猫ハウスの中で

じっと眠っています。


今日は無理に水に溶いたチュールをスポイトで飲ませました。

嫌がりましたが、少しだけ飲んでくれました。

寝場所を時折変えるので、今は外に置いておいた発砲スチロールの

箱に入っています。

それで雨に濡れないよう、上に屋根をつけて、その横にも猫ハウスを

置いておきました。

元気になってまたいろんな話を聞かせてくれることを祈っています。

猫達も分かるのか、クレマはダヤンが外に出ていると

そっと横に寄り添って耳や顔を舐めてあげています。


誰かが良くないものを与えたのでしょうか。

かってに触りに入ってくる人にストレスがかかったでしょうか。

桜の季節が嫌いになりました。







2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ