So-net無料ブログ作成
検索選択

リクの死 [猫]

ダヤンは17日午後6時10分に昏睡状態のまま

静かに永遠の眠りにつきました。

そのとき、まだ黒猫のリクは血を吐きながらも

生きようと必死で戦っていました。


ダヤンの死から6時間後、18日の零時30分、リクから少し

目を離していたのですが、保護猫のカイが突然リクのいる方を見て

飛んでいきました。そして少しして戻ってくると私を見つめます。

もしやと思ってリクの下に行くと、息絶えていました。

カイが看取ってくれたのですが、私は間に合いませんでした。

リクを湯あみさせてあげようと抱き上げるとまだ温かくて

まるで生きているようです。とても穏やかな顔をしていましたが

その口からは血がまだ流れていました。


口をきれいに拭いてから湯で全身を拭いて、ダヤンの隣に

寝かせました。大好きだったネズミの玩具とおやつやご飯を

二人に持たせて。

朝になって斎場に電話し、もう一人火葬してほしいとお願いしました。

きっとお兄さんのダヤンが先に行って、妹のリクが迷子にならないように

導いてくれたのでしょう。


火葬して説明を受けると、ダヤンはやはり腎臓が、そしてリクは

内臓全体がやられていました。

即効性の毒ではなく、遅効性の毒で徐々に弱らせて殺されたのです。

ダヤンにリク、相次いで天国に行ってしまいました。

今、二人は私の部屋で小さな骨壺に入っています。

仲良く並んでもう苦しむことも無く、平和な時間を過ごしていることでしょう。


今日、警察に被害届を出してきました。

二人の警察官が真剣に話を聞いてくれ、一年半前に猫を殺すという

脅迫文を入れられたときの調書も調べてくれて、今後毎日警らしてくれる

ことになりました。また少しでも不審者が入ればすぐに駆け付けますと

言ってくれました。


帰宅してからダヤンの記録を調べていると、ダヤンが亡くなった17日は

ダヤンの3歳の誕生日でした。

ちょうど3歳になったときに理不尽に殺されたのです。

毎朝の掃除に出かける私を見送り、戻ってくるときには

途中まで迎えに来てくれ、私にいろんなおしゃべりをしながら

一緒に帰ってくるとても賢い優しい子でした。


リクは食いしん坊でいつもカイのご飯を食べたそうに

ベランダから窓越しに眺めていました。

母親のアメのご飯まで食べてしまいますが

憎めないとっても可愛い声で鳴く優しい女の子でもありました。


今、私は吐血してしまいました。

神経が参ってしまっているのでしょう。

でもまだ残された子達がいます。

それだけでなんとしても守ってやらないと。


猫達の死 [猫]

私は桜の季節が大嫌いです。

それは私の家の前は見事な桜並木のため、大勢の観光客が

来るのですが、知らない人達が猫に餌をやろうとしたり

かってに門を開けて入ってこようとするからです。


ダヤンが具合が悪いことは先のブログで書かせていただきました。

その後、ベランダで暮らす黒猫のリクも具合が悪くなり

ご飯を食べたり水を飲んだりしなくなりました。


ダヤンは動物病院に連れて行くと、急性腎不全とのことでした。

そして今日の夕方、ダヤンは眠るように虹の橋を渡っていきました。

リクも血を吐いてまもなくダヤンの後を追いかけていきます。


原因は人に毒を食べさせられたからです。

監視カメラや、近所や児童公園の毎日の掃除など

猫達に危害が加えられないように守っているつもりでした。

でも結果として、私は猫達を守ってやれませんでした。

今、ダヤンは静かに花や大好きなねずみの玩具と一緒に

眠っています。その眠りは覚めることはありません。


私の心の中は怒りが爆発しそうです。

猫達が何をしたというのでしょう。

とても大人しい子達でした、そして近所でも悪さをすることは

ありませんでしたし、トイレも私が片づけていました。

あるいは道路を渡って川原でしていました。

それを毒餌をまいで殺すなんて。


リクはまだ今も血を吐きながら戦っていますが

もうほとんど泣くことも動くことも出来ません。

ダヤンは明日火葬してもらいます。

いつも家を守り、私が児童公園の掃除から帰ってくるのを

出迎えてくれ、一緒に帰りながらいろんなお話を聞かせてくれる

とても頭の良い優しい子でした。

それを毒殺するなんて。絶対に許せません。

同じ目に遭わせてやりたいです。

今の私は理性を失っているかもしれません。



心配なこと [猫]

例年よりも遅くに咲いたソメイヨシノが、あっという間に

散っていき、アスファルトの黒さを桜色に染め上げていきます。

大勢の人が桜を愛でに来られ、庭で暮らす猫達を見つけると

写真撮影したりされますが、心無い人は無断で門を開けて

入ってこられるので、監視カメラにそんな横暴な人が映ると

すぐに飛び出して行って注意しています。


それでも門の隙間から餌をあげようとする人もいたりして

困っています。

早く桜の季節が終わると良いのですが。

そんな中で、家の守り猫をしてくれているダヤンが

突然体調を崩してしまい、昨日からじっと猫ハウスの中で

じっと眠っています。


今日は無理に水に溶いたチュールをスポイトで飲ませました。

嫌がりましたが、少しだけ飲んでくれました。

寝場所を時折変えるので、今は外に置いておいた発砲スチロールの

箱に入っています。

それで雨に濡れないよう、上に屋根をつけて、その横にも猫ハウスを

置いておきました。

元気になってまたいろんな話を聞かせてくれることを祈っています。

猫達も分かるのか、クレマはダヤンが外に出ていると

そっと横に寄り添って耳や顔を舐めてあげています。


誰かが良くないものを与えたのでしょうか。

かってに触りに入ってくる人にストレスがかかったでしょうか。

桜の季節が嫌いになりました。






別れ? [猫]

二月もあっという間に過ぎ去り、また春が訪れようとしています。

まだソメイヨシノの蕾は固く閉じていますが、庭の枝垂れ梅は

蕾を膨らませ、そのうちのいくつかは咲き始めました。

時折花をついばみにくるメジロを猫達が興味深げに眺めています。


今も近所や児童公園の掃除は続けていますが、姿を見せなくなった

クリームはもう全く出会うことが無くなりました。

公園やその近所で暮らしているオオミケの子供ですが

いなくなる前日までは、私が掃除をしている間、小石や枝を

転がして遊んでいましたし、その日の夕方にはご飯も食べに

帰ってきていました。


近所の人たちや近隣の駐車場に車を置きに来る人達にも

尋ねて回りましたが、事故にあった様子もありません。

今でも毎朝公園に行くと、クリームがどこからか現れるような

気がして辺りを探してしまいます。

でも私のそばにいるのは母親のオオミケとその子供のバーマンだけ。

一番のいたずらっ子だったクリームがいないと

ぽっかりと心の中に暗い穴が開いてしまったような感覚です。


誰か猫好きの人が連れて行ってしまったのでしょうか。

それとも知らないところで交通事故にでもあったのでしょうか。

それにここ数日は新入りの子猫のフーも姿を見せなくなりました。

毎日、朝晩の食事の時間には一匹ずつ頭や背中を撫でながら

車に気を付けて、自転車にもね。それに遠くに行っては駄目だよと

声をかけています。

クリームに再開することはもうないだろうと分かっていても

寂しさはどうすることも出来ません。



保護猫と庭猫 [猫]

年が明けて、もう1月も終わろうとしています。

歳を重なるごとに1年間の過ぎるのが早く感じるようになりました。

家の中で暮らしている大怪我をさせられたカイは、すっかり元気になり

毎夜、私の布団で私の手枕で寝ていますし、私の姿が少しでも見えないと

悲しそうに大きな声で鳴きながら探し回ります。

それでも出かけるときには、入って、と言うと大人しく炬燵の中に潜っていって

帰宅するまで待ってくれています。


近所や児童公園の掃除も続けていますが、今ごろの早朝は真っ暗なのと

厳しい寒さで、カチカチに凍り付いた砂場をスコップで削りながら

猫のトイレを片づけたり、公園中に散らかされたお菓子の箱や

ペットボトルを集めたり。

公園の近くで暮らしているオオミケとその子供のバーマンは

私が行くと飛んできて、しゃがんだ私の背中や膝の上に

乗って、ゴロゴロと喉を鳴らしてくれていますが、ここ数日

クリームの姿を見かけないのが心配です。


オオミケは後ろ足を痛めたのか、引きずっていましたが

私が開発してきた抗ウイルス剤を投与すると、1週間ほどで

普通に走ったり、木に登ったりもできるようになりました。

投与を中止してグルコサミンとコンドロイチンに変えると

また後ろ足を痛そうに引きずるので、薬が効果を

発揮してくれているのではないかと思っています。


掃除を終えて家に戻ると、今度は新入りのフーや

家の守り猫をしているタマが迎えてくれます。

玄関の前でしゃがむと、タマは私の前に座り

両手で私の頬を挟むと顎のところにキスしてくれるのが

日課になりました。


まだ真っ暗なうちから出かけて寒さの厳しい中、掃除をして

歩くのは辛くなってきていますが、一日でも休めば

猫を嫌っている人達は、また嫌がらせや猫に危害を加えようと

するかもしれません。そう思うと休むわけにはいきません。

毎日掃除をしても、翌朝にはまた公園中にゴミが散らかっていますし

落とし穴が掘られていたりすることもあり、それもまた埋めるのも

一苦労です。

まだ思いが皆に届くのには時間がかかりそうです。




明けましておめでとうございます。 [猫]

慌ただしかった一年があっという間に過ぎ去り

また新たな都市がやってきました。

皆様の上に幸いが満たされますように。


昨年末から後ろ足を痛めて引きずりながら歩いていた

オオミケが児童公園の掃除に行っても見かけなくなり

ご飯も食べに来ないので、2年越しで心配していました。

今朝もまだ明るくなる前から近所や公園の掃除をしていましたが

公園ではいつものようにクリームやバーマンが走って来て

私に甘えてくれます。


そんなとき、私の後ろですり寄ってくる猫がいました。

私の目の前にはクリームもバーマンもいます。

もしかしてと、振り返るとオオミケがニャアと甘えた声で鳴いて

挨拶してくれています。

あちこち探して回りましたし、近くのビルの駐車場に閉じ込められているかもと

外から声をかけたりもしていました。

それでも見つからなかったオオミケが今私の目の前に元気な姿を見せてくれたのです。


嬉しくて思わずオオミケを抱き締めてしまいました。

後ろ足はまだ少し具合が悪いようですが

昨年末から比べるとずいぶんと元気になっています。

今までどこに行っていたのでしょう。

ひとしきり追いかけっこをして遊んだバーマンとクリーム。

帰っていく先を見ると、公園の向かい側の家です。


しばらくすると玄関のドアが開き、中に入っていきました。

以前、掃除をしているときにその家の方と話をしましたが

猫達が公園でトイレをすることに怒っておられたのであり

本当は猫達が好きだということが分かりました。

オオミケのことを話すと、私が心配していることを心に留めて

くださっていたのでしょう、オオミケはその家で保護されていました。

そして今日、元気になったオオミケを私が公園にいるのを確認して

私に会わせてくださったのです。


今日は私が帰るときに、みんなもついてきて家で待っている猫達と

一緒にご飯を食べてくれました。

そしてひとしきり休憩するとまたゆっくりと帰っていきました。

今まで私も辛いともう日も多く、特に雨の日や嵐の日は

辞めたいと思うこともありましたが、掃除を続けてきて

良かったと、帰っていくオオミケを見送りながら

今まで心の中で渦巻いていた不安が溶けていくのを感じていました。


nice!(40)  コメント(22)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ご無沙汰しています。 [猫]

あっという間に今年も後わずかとなってしまいました。

なかなかブログを更新できず、目も不自由になっているので

文字を追うことが辛くなってきています。

若い頃は本を読むのが楽しみでした。

特にシュトルムやヘッセなどのドイツ文学に傾倒した時期もありました。

今は新聞を読むこともありません。


開発の方はひと段落しましたが、やはり実験の際の目盛りを読んだり

計測器の数値を読むのが辛いです。

それでも大学での性能評価や評価機関での安全性試験は

全て終わりました。

発がん性や急性毒性、魚毒性、皮膚刺激性など考えられる

安全性試験を実施し、全て安全であることが確認されました。

性能も大学での研究の結果、今までにない性能を示しています。

今は世の中に出るのを待っている段階です。


今も毎朝、近所や児童公園の掃除を続けています。

保護猫のカイや地域猫達の朝ご飯を与えて、掃除に出かける頃は

まだ真っ暗。掃除をしていると段々と辺りが明るくなっていきます。

最近は児童公園は夜中にたむろしている中学生達が散らかす

食べたもののゴミが散乱しており、その掃除まで増えてしまいました。

公園で暮らしている猫達に危害が加えられないか心配しています。


昼間はタマ、シマ、ダヤンそして新入りのフーが家を守ってくれています。

私が庭に出ると、それぞれの場所から出てきて甘えてくれています。

知らない人が来ると門の前に出て、必死で足や手を踏ん張り

睨み付けて家を守ろうとしてくれます。

そんな皆には道路に飛び出したりしないよう、そして危ないと思ったら

すぐに逃げるように毎日一匹ずつ撫でながら語りかけています。

するとみんなが頭を擦り付けたり、私の手を甘噛みしたり

背中から肩によじ登ってゴロゴロと耳元で喉を鳴らしてくれたり。

私の靴紐を両方からくわえて二匹で引っ張ったり。

そんな光景を写真で乗せられると良いのですが、文字でしか表現できず

残念です。




nice!(38)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の技術 [猫]

今年は例年になく台風が襲ってきます。

また台風が接近していますが、皆さまくれぐれもご注意ください。

外で暮らす猫達も安全な場所を見つけてくれていると良いのですが。


今、ニュースを見ていると今年も日本の研究者がノーベル賞を受賞されました。

ノーベル賞の受賞対象になる研究は30歳代になされたものが多いと

聞いたことがあります。やはり若いフレキシブルな頭脳が必要なのでしょう。

今受賞されている研究テーマは数十年前のものであり、今後が心配だとも

言われています。


ですが、以前の政権で誰かが言った二番じゃ駄目なんですが、

今度はそういうバカげたことを言う政権ではないので、次々にビッグサイエンス

研究設備が建設されたり完成して稼働を始めています。

どんな新しい事実を私たちの前に見せてくれるか楽しみにもしていたいです。


反面、一線を退きまともな研究も出来ない環境の中にあって

ノーベル賞の話題は寂しくもあります。

自分はもう研究を出来る年齢でもなく、また新たな発見に出会うことも

もう無いのだろうなと思うと、今生きていることの意味が分からなくなってきます。


研究を出来なくなった研究者である私は醜態を晒しているだけです。

最後に研究していた触媒は一定の効果を持っていることが証明され

その作動原理は、私は量子ドットではないかと推論しています。

しかし本当に世の中に問えるのか、世間に受け入れられるのか。

不安や焦燥感に押し潰されそうになります。

発作的にすべてを終わらせてしまいたいと思うこともあります。


そのたびに私に甘えてくる猫のカイや庭で暮らす猫達の

世話を私がいなくなったら誰がするのかを考え、思いとどまっています。

地域でみんなが守られて大切にされたなら思い残すことは無いのですが。



微笑み [猫]

今年は台風の上陸が多く、あちこちで被害が出ています。

皆様のところは大丈夫でしょうか。

こちらは土砂降りの雨は降りますが風が吹かないので

猫達は猫ハウスや庭に置いてある傘の中に入って

雨宿りをしています。


相変わらず朝早くからカイに起こされています。

まずカイのご飯の準備をしてから、庭で暮らす子や

近所の児童公園で暮らすようになったオオミケ、クリームそしてバーマンの

ご飯を用意しています。

庭猫達のご飯が済むと、途中までみんなが掃除に行く私を

見送ってくれます。


公園に着くと、どこからともなくオオミケ達が現れて

私に甘えて、私がしゃがむと膝に手をかけ

そのまま肩までよじ登って、私の頭にお尻をくっつけて

ゴロゴロと大きな音で喉を鳴らしてくれますし

目の前ではクリームが目を細めてお腹を出して撫でてと催促。

バーマンは掃除をして歩く私に付いて回り、足を止めるとそこで

私の靴の上に寝そべってしまいます。


猫達のトイレ掃除が終わり、帰るよと声をかけると

尻尾をピンと立ててついて家に戻ってくるのですが

途中で出会う人たちは、猫がそんなに言うことを聞くなんて

信じられないと驚かれています。

猫の糞のことなど、いろんなことも言われましたが

今は皆さんが微笑んで猫達を見守ってくださっています。

駐車場で車を入れようとして、その場所に寝ころんでどかない子がいても

クラクションを鳴らさずに笑いながら私が抱っこしてどかすのを

待っていてくださいます。


監視カメラやネコ飛び出し注意の看板を設置してからは

猫達が交通事故に遭うことも無くなりました。

毎朝、みんな元気だろうかと不安な気持ちで外に出ますが

車で通りかかる人達にも私の家には猫がたくさんいることが

理解してもらえたのか、猫達が出入りする門の近くに来ると

スピードを緩めてくださる人が増えました。


猫達を守っているつもりでも、本当は私が猫達に

守られているのかもしれません。



nice!(26)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

優しい猫達 [猫]

オリンピックが始まり、毎日のように日本の活躍が

伝えられています。

私のブログは目が悪いので写真を載せることが出来ず、

文章だけになっていますが、ご容赦ください。


今私の家で暮らしている猫達も見ていただきたいのですが

いつかまた無理をしないでもよい時に見てくださいね。

いつものように朝の公園や近所の猫のトイレ掃除には

3匹の猫が付き添ってくれています。

児童公園では掃除の前にそれぞれを膝の上に抱いて

撫でてあげるのですが、みんな喉をゴロゴロと鳴らして

私の顎を舐めてくれます。


その前に夏だというのにまだ真っ暗なうちから

家の中で保護している猫のカイが私の首筋を引っ掻いて

起こしてくれます。

おかげで首筋はひっかき傷だらけになってしまいました。

朝ご飯を最初にもらうのは自分と決めているようです。

カイにご飯をあげた後、庭で暮らす猫達のご飯を用意するのですが

ベランダにいる猫達にご飯をあげてから玄関で暮らす子達の

ご飯を持とうとするとカイがちゃっかりと食べているときもあります。


新入りの山猫模様のフーと黒猫のチビクロはベランダで暮らしていますが

先輩猫たちのご飯を食べようとしてポカリと頭を叩かれたりしていますが

それでも懲りずに玄関に回ってまた食べようとします。

掃除から戻ってくると、みんなが尻尾をピンと立てて

私の周りに集まって来て撫でてと甘えてくれます。

まず最初はみんなの母親であるシマ、順番を間違えると

シマが怒って自分の子供たちの足や尻尾に噛みついて

追い払ってしまいます。


ですからまずシマが納得するまで撫でてあげてから、

家を守っているタマやクレマ、ダヤンやシッポを

撫でてあげます。みんな嬉しそうに寝転がって

お腹を見せて撫でてと催促。

朝の涼しい時間は猫達との優しい時間が流れていきます。



nice!(34)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感