So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

日本の技術 [猫]

今年は例年になく台風が襲ってきます。

また台風が接近していますが、皆さまくれぐれもご注意ください。

外で暮らす猫達も安全な場所を見つけてくれていると良いのですが。


今、ニュースを見ていると今年も日本の研究者がノーベル賞を受賞されました。

ノーベル賞の受賞対象になる研究は30歳代になされたものが多いと

聞いたことがあります。やはり若いフレキシブルな頭脳が必要なのでしょう。

今受賞されている研究テーマは数十年前のものであり、今後が心配だとも

言われています。


ですが、以前の政権で誰かが言った二番じゃ駄目なんですが、

今度はそういうバカげたことを言う政権ではないので、次々にビッグサイエンスの

研究設備が建設されたり完成して稼働を始めています。

どんな新しい事実を私たちの前に見せてくれるか楽しみにもしていたいです。


反面、一線を退きまともな研究も出来ない環境の中にあって

ノーベル賞の話題は寂しくもあります。

自分はもう研究を出来る年齢でもなく、また新たな発見に出会うことも

もう無いのだろうなと思うと、今生きていることの意味が分からなくなってきます。


研究を出来なくなった研究者である私は醜態を晒しているだけです。

最後に研究していた触媒は一定の効果を持っていることが証明され

その作動原理は、私は量子ドットではないかと推論しています。

しかし本当に世の中に問えるのか、世間に受け入れられるのか。

不安や焦燥感に押し潰されそうになります。

発作的にすべてを終わらせてしまいたいと思うこともあります。


そのたびに私に甘えてくる猫のカイや庭で暮らす猫達の

世話を私がいなくなったら誰がするのかを考え、思いとどまっています。

地域でみんなが守られて大切にされたなら思い残すことは無いのですが。



微笑み [猫]

今年は台風の上陸が多く、あちこちで被害が出ています。

皆様のところは大丈夫でしょうか。

こちらは土砂降りの雨は降りますが風が吹かないので

猫達は猫ハウスや庭に置いてある傘の中に入って

雨宿りをしています。


相変わらず朝早くからカイに起こされています。

まずカイのご飯の準備をしてから、庭で暮らす子や

近所の児童公園で暮らすようになったオオミケ、クリームそしてバーマンの

ご飯を用意しています。

庭猫達のご飯が済むと、途中までみんなが掃除に行く私を

見送ってくれます。


公園に着くと、どこからともなくオオミケ達が現れて

私に甘えて、私がしゃがむと膝に手をかけ

そのまま肩までよじ登って、私の頭にお尻をくっつけて

ゴロゴロと大きな音で喉を鳴らしてくれますし

目の前ではクリームが目を細めてお腹を出して撫でてと催促。

バーマンは掃除をして歩く私に付いて回り、足を止めるとそこで

私の靴の上に寝そべってしまいます。


猫達のトイレ掃除が終わり、帰るよと声をかけると

尻尾をピンと立ててついて家に戻ってくるのですが

途中で出会う人たちは、猫がそんなに言うことを聞くなんて

信じられないと驚かれています。

猫の糞のことなど、いろんなことも言われましたが

今は皆さんが微笑んで猫達を見守ってくださっています。

駐車場で車を入れようとして、その場所に寝ころんでどかない子がいても

クラクションを鳴らさずに笑いながら私が抱っこしてどかすのを

待っていてくださいます。


監視カメラやネコ飛び出し注意の看板を設置してからは

猫達が交通事故に遭うことも無くなりました。

毎朝、みんな元気だろうかと不安な気持ちで外に出ますが

車で通りかかる人達にも私の家には猫がたくさんいることが

理解してもらえたのか、猫達が出入りする門の近くに来ると

スピードを緩めてくださる人が増えました。


猫達を守っているつもりでも、本当は私が猫達に

守られているのかもしれません。



nice!(26)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

優しい猫達 [猫]

オリンピックが始まり、毎日のように日本の活躍が

伝えられています。

私のブログは目が悪いので写真を載せることが出来ず、

文章だけになっていますが、ご容赦ください。


今私の家で暮らしている猫達も見ていただきたいのですが

いつかまた無理をしないでもよい時に見てくださいね。

いつものように朝の公園や近所の猫のトイレ掃除には

3匹の猫が付き添ってくれています。

児童公園では掃除の前にそれぞれを膝の上に抱いて

撫でてあげるのですが、みんな喉をゴロゴロと鳴らして

私の顎を舐めてくれます。


その前に夏だというのにまだ真っ暗なうちから

家の中で保護している猫のカイが私の首筋を引っ掻いて

起こしてくれます。

おかげで首筋はひっかき傷だらけになってしまいました。

朝ご飯を最初にもらうのは自分と決めているようです。

カイにご飯をあげた後、庭で暮らす猫達のご飯を用意するのですが

ベランダにいる猫達にご飯をあげてから玄関で暮らす子達の

ご飯を持とうとするとカイがちゃっかりと食べているときもあります。


新入りの山猫模様のフーと黒猫のチビクロはベランダで暮らしていますが

先輩猫たちのご飯を食べようとしてポカリと頭を叩かれたりしていますが

それでも懲りずに玄関に回ってまた食べようとします。

掃除から戻ってくると、みんなが尻尾をピンと立てて

私の周りに集まって来て撫でてと甘えてくれます。

まず最初はみんなの母親であるシマ、順番を間違えると

シマが怒って自分の子供たちの足や尻尾に噛みついて

追い払ってしまいます。


ですからまずシマが納得するまで撫でてあげてから、

家を守っているタマやクレマ、ダヤンやシッポを

撫でてあげます。みんな嬉しそうに寝転がって

お腹を見せて撫でてと催促。

朝の涼しい時間は猫達との優しい時間が流れていきます。



nice!(34)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

改めて初めまして。 [猫]

今まで魅惑のオペラとしてブログを書いてきましたが

このたび思うところあって、閉鎖させていただきました。

改めて「陽だまりの猫」として、ブログを再開したいと思います。

よろしくお願いいたします。


私のブログは左目を失明しており右目の視力も徐々に低下しているので

写真を掲載することが出来ません。

文章だけになりますがご興味がありましたら

お読みただければ幸いです。


私の家に数年前母猫のモカが子猫を連れてやってきました。

交通事故に遭ったりといろいろあり、3匹の雌猫が残りました。

シマ、オオミケそしてアメの3匹はやがて母猫となり

子猫が生まれました。

地域猫として生きていけるように全員避妊去勢手術をして

毎日、ご飯と近所や近くの児童公園のトイレ掃除をしています。


子猫のときに心無い人に棒で殴られ骨盤と尻尾の付け根を

骨折したカイだけは病院で治療を受けたあと、徹夜で看病し

今は家猫として元気に暮らしています。


あまり更新できないブログですが、これからもよろしく

お願い申し上げます。



nice!(34)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。